このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

がん患者指導

更新日:2021年4月26日

当院は地域がん診療連携拠点病院の指定を受けています。緩和ケアセンターやがん薬物療法センターに専任の薬剤師を配置し、医師、看護師と協働して、患者さまの薬物治療に当たっています。
平成26年度4月から、医療用麻薬の投与を受けている患者さま、平成26年5月から外来治療センター(旧外来化学療法室)で治療を受けている患者さまに薬剤師が薬の説明をしています。また、平成29年2月からは薬剤師外来を開設し、内服抗がん剤の患者さまにも薬の説明をしています。
薬の投与を受けられる際に、どのようなスケジュールで投与するのか、いつ、どのような副作用がおこるおそれがあるのか、薬の飲み合わせは大丈夫か、薬の飲み忘れを防ぐためにはどうしたらよいか等を個別にご説明しています。特にこれらのお薬は、患者さまご自身が薬のことをよく知った上で治療を受けられることが大切になります。また、薬剤師は治療開始時の説明だけでなく、継続的に副作用のモニタリングを行い、医師と協働して処方の工夫を行い、副作用の軽減や治療効果の改善などにも取り組んでいます。

本文ここまで

以下フッターです。
ページの先頭に戻る

市立豊中病院

〒560-8565 大阪府豊中市柴原町4丁目14番1号
電話番号
06-6843-0101(代表)

受付時間

8時30分~11時

休診日

土曜・日曜・祝日および年末年始
(12月29日~1月3日)

SDGs
日本医療機能評価機構認定病院
卒後臨床研修評価機構認定病院
病院敷地内の全面禁煙にご協力をお願いします
Copyright © Toyonaka Municipal Hospital all rights reserved.