このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市上下水道局
サイトメニューここまで

本文ここから

マンションなど共同住宅等の各戸検針及び各戸収納サービスについて

ページ番号:718839526

更新日:2016年6月24日

各戸検針及び各戸収納サービスの内容

「共同住宅等の各戸検針及び各戸収納に関する契約」に基づいて、上下水道局が各戸メーターを2か月ごとに検針し、入居者様(お客さま)ごとに水道料金及び下水道使用料を請求し収納するサービスです。

このサービスは、水道のご使用の開始・中止等の届け出から料金の精算に至るまで、共同住宅の各戸を一戸建ての個別住宅と同じように取扱いします。

水道メーターは、計量法に基づき8年ごとのメーター取替が必要となりますが、共同住宅の各戸に上下水道局のメーターを設置していただくことにより、今後、各戸に設置したメーターの取替え及びその費用負担は、上下水道局で行います。ただし、初回のみ、取付け費用は所有者様(個人・法人・管理組合)の負担となります。

検針と料金の納入方法

水道料金と下水道使用料は、各戸メーターを2か月ごとに上下水道局が直接検針し、使用水量によって、入居者様(お客さま)ごとに請求します。

お支払い方法は、上下水道局が指定した金融機関での口座振替、又は、金融機関・コンビニエンスストアでの納付書によるお支払いです。

届け出と各戸入居者への説明

入居者様(お客さま)が引越しなどにより水道の使用を開始し、又は、中止しようとする場合は届け出が必要です。届け出は、入居者様(お客さま)が行ってください。

※各戸検針及び各戸収納に関する契約を結ぶときには、共同住宅等の入居者全員の同意が必要です。また、契約後、入居された方につきましても、サービスの適用対象となりますので、所有者様は契約内容の周知をお願いいたします。

対象となる建物

  • 新設の受水槽式共同住宅

平成16年10月1日から実施 (第1段階)

  • 既設の受水槽式共同住宅等(既設の親(局)メーター検針共同住宅)

平成17年4月1日から実施 (第2段階)

  • 既設の遠隔集中検針共同住宅

平成18年4月1日から実施 (第3段階)

共同住宅所有者のご希望により、ご契約変更の申込みを受け付けています。


受水槽共同住宅

適用の条件

給水装置の施工基準

次の上下水道局の定める給水装置の施工基準を満たしていることが必要です。

  1. 散水等共用で使用する水栓を設けている場合は、当該使用する共用メーターを設置していること。
  2. 各戸メーター等の型式は、上下水道局の定めた「水道メーター購入及び更生仕様書」に基づいたものであって、かつ、計量検定検査に合格したものであること。
  3. 別に定める「共同住宅等の各戸検針等サービスに係る各戸メーター等の取扱について」に基づき、メーターを設置していること。
  4. 管理人室及び集会所等独立した施設に給水設備を設けている場合は、それぞれに各戸メーターを設置していること。

※メーター設置基準に満たない場合は、所有者様負担の改善工事が必要となります。

メーターの有効期間

当該共同住宅等に設置されている各戸メーター及び共用メーターの有効期間が1年未満の場合は、局メーターを設置していただきます。なお、各戸メーター(遠隔メーターを除く)等の有効期間が1年以上ある場合は、契約締結時に各戸メーター等を無償で譲渡していただくことになります。

オートロックの解錠

オートロック式の共同住宅等では、各戸メーター検針や期限切れメーターの取替え、開閉栓等の業務をスムーズに行えるよう、「オートロック解錠方法設定(変更)届」の提出が必要となります。

契約

建物の所有者様とは、給水契約とは別に「共同住宅等の各戸検針及び各戸収納に関する契約」を結んでいただきます。契約の内容は事前にご確認ください。

お申込み

建物の所有者様又はその代理人が、「共同住宅等の各戸検針及び各戸収納事前協議申込書」を上下水道局 お客さまセンターに提出してください。上下水道局にて日程調整を行い、後日、現地で立会いの上、調査をさせていただきます。

申込みから取扱いの開始まで

事前協議

お申込み前に各戸検針及び各戸収納サービスの取扱いが可能かどうか、上下水道局のお客さまセンターに「共同住宅等の各戸検針及び各戸収納事前協議申込書」を提出していただきます。

現地調査

上下水道局職員が各戸メーター周り(止水栓等)の位置や設置状況、及び型式有効期間等の現地確認をします。
(局職員と申込者又は指定工事業者が立会い、改善事項等の確認を行います。)

事務手続

申込者に契約関係書類一式をお渡しします。

申請書の受理

審査

上下水道局で現地確認及び書類審査を行います。

契約の締結

「共同住宅等の各戸検針及び各戸収納に関する契約書」の締結。

水栓番号の設定とメーターの確認

上下水道局職員が各戸にお伺いして、水栓番号の設定とメーターの確認を行います。水栓番号は、各戸の水道料金を特定する大切な番号です。

各戸収納開始

各戸検針及び各戸収納は、上下水道局が各戸メーターの指示数を最初に確認した以後に検針する水道料金等から各戸に請求させていただきます。

ご注意

  • 親メーターで計量した水量が、各戸メーターで計量した水量の合計水量を超える場合は、その内容により、所有者様に差水量にかかる料金を別途請求いたします。
  • 所有者様のご都合により、各戸検針及び各戸収納の契約を解除することもできます。ただし、その場合、上下水道局が設置したメーターにつきましては、返却していただきます。
  • 各戸検針及び各戸収納サービスは、各戸検針及び各戸収納に関する契約に基づくものであり、契約条項を守っていただけない場合には、契約を解除させていただくことがあります。

お問合せ

上下水道局 経営部 お客さまセンター窓口課
〒560-0022 豊中市北桜塚4丁目11番18号 豊中市上下水道局1階
電話:06-6858-2931
ファクス:06-6858-0447

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊中市上下水道局

〒560-0022 大阪府豊中市北桜塚4丁目11番18号
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ