このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

火災が発生したら

更新日:2015年3月25日

避難

まず身の安全を第一に

火災が発生したら、まわりにいる人に大声で協力を求め、初期消火、119番通報を分担して行いましょう。

しかし、もし一人しかいなくて、初期消火に失敗したら、無理をしないですぐに避難してください。そして安全な場所から、消防署に通報してください。避難のタイミングを逃すと命にかかわることになりかねません。

安全に避難するには

  • 就寝する場所は避難しやすい場所で、複数の避難口・避難経路を決めておくこと。
  • 一度避難したら、絶対に家の中に戻らない。
  • 服装や持ち物にこだわらず、できるだけ早く屋外へ避難する。
  • 高齢者や身体の不自由な方は、逃げ遅れる可能性があります。避難の際には優先的に避難させること。

火よりこわい煙

建物火災で死に至った原因を調べると、火傷による死者より一酸化炭素中毒による死者の方が多くなっています。
煙の性質を知り、一刻も早く煙から逃れることが大切です。

煙の性質

火災時に廊下に吹き出した煙は、通常毎秒0.3メートルから0.8メートル程度の流動速度で横方向に流れていきます。この程度であれば煙よりも速く移動することが可能です。

しかし、煙は上方向への流動速度は、毎秒3メートルから5メートルといわれています。人の階段での上下歩行速度は通常毎秒0.5メートル程度ですので、煙の方が数倍速く、階段等で上階へ逃げることは非常に困難です。

煙から身を守るには

  • 煙の中を逃げるときは、濡れたハンカチやタオルを鼻と口に当てることにより呼吸を楽にすることができ、煙を吸い込むのを防ぎます。
  • 呼吸は、鼻から吸って口から吐くことを繰り返します。
  • できるだけ低い姿勢で、床スレスレのところに残っている空気を吸うようにします。

定期的に消防訓練を実施しましょう

いざというときのために、定期的に消防訓練を実施しましょう。主な消防訓練は、消火・避難・通報の訓練です。消防訓練についてご不明なことがあれば、管轄消防署までご相談ください。

お問合せ先

  • 豊中市北消防署予防広報課 電話:06-6846-8494
  • 豊中市北消防署 能勢町分署 電話:072-734-0119
  • 豊中市南消防署予防広報課 電話:06-6334-3454

お問合せ ※電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願いします。

豊中市消防局予防課
〒560-0023 豊中市岡上の町1丁目8番24号
電話:06-6846-8449
ファクス:06-6843-0119
本文ここまで


以下フッターです。

豊中市消防局

 〒560-0023 大阪府豊中市岡上の町1丁目8番24号 電話(代表)06-6853-2345
Copyright © Toyonaka City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る