このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

企業立地に関する補助金(豊中市操業環境対策補助金・豊中市産業利用補助金)

更新日:2019年1月1日

企業立地に関する補助金(豊中市操業環境対策補助金・豊中市産業利用補助金)

豊中市操業環境対策補助金 ~事業所から発生する騒音・振動・悪臭への対策費を補助します~

目的

 事業者が実施する改善対策に対して補助金を交付することにより、事業所の安定した操業環境を形成することで、住宅と事業所が共存・共生することを目的とします。

概要

豊中市操業環境対策補助金
対象者

事業所が発生させる騒音、振動、悪臭に関して、その対策を行う者
(準工業地域・工業地域において、現在操業している事業者のみが対象)

対象地 準工業地域・工業地域(下記の参考の【地図】にてご確認ください)
対象経費

上記対策に係る建築物等の新設、改築、増築等
又は機械設備の新規購入、改造、交換等(生産にかかる機械設備は除く)

補助金額

市長が認める経費に2/3を乗じて得た額
(事業前・事業後に行う「環境計量士の測定費用」も含む)

上限 300万円
要件

1)事業前の数値が、各法令に違反していないこと。
2)事業後の数値が事業前の数値よりも、各法令に基づき・・・
  騒音・振動の場合 → 1つ以上厳しい規制基準値以内の数値に達していること。
  悪臭の場合 → 1/10以下の数値に達していること。

注意

上記の要件を満たさなかった場合、補助金は交付されません。
ただし、補助事業途中における計画の変更を認める場合があります。

要領

要綱

豊中市操業環境対策補助金要綱

豊中市産業利用補助金 ~産業利用としての土地売却や貸工場等の建築を支援します~

目的

 事業所の立地に協力する土地所有者及び貸工場等の建築者に対して補助金を交付することにより、産業誘導区域における事業所の立地の促進及び安定した操業環境の維持・形成を図ることを目的とします。

概要

豊中市産業利用補助金
対象者

土地所有者であり、事業者に土地を売却する者
又は賃貸を目的として貸工場等を建築(新設、増設、建替)する者

対象地 産業誘導区域(下記の参考の【地図】にてご確認ください)
対象経費

土地の売買契約金額
又は貸工場等の建築費

補助金額

土地売買の場合:契約金額の3%
貸工場等建築の場合:建築費の3%

上限 500万円
要件

1)買主側(又は借主側)の事業者が豊中市企業立地促進条例第3条第1項における業種を営む者でること。
2)買主側の事業者が、売買契約締結時から2年以内に操業開始すること、
  又は借主側の事業者が、貸工場等の建築着工時から2年以内に操業開始すること。

注意 上記要件を満たさなかった場合、補助金は交付されません。

要領

要綱

豊中市産業利用補助金要綱

産業誘導区域について(参考)

 本市は、昭和11年(1936年)の市制施行以来、良好な住宅都市・教育文化都市として発展を続け、交通の利便性や豊富な人材といった都市としての高いポテンシャルを背景に、市の西部・南部に位置する準工業地域・工業地域に事業所が集積しています。しかし、最近の工業事業所数は平成2年(1990年)をピークに減少傾向にあります。
 こうした状況の中、事業所の安定した操業環境の維持・形成を目的に「企業立地促進計画」を策定するとともに、準工業地域・工業地域内において〔産業誘導区域〕を設定しました。
 詳しくは、下記の地図をご確認ください。

産業誘導区域の町丁目一覧については下記をご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

都市活力部 産業振興課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎5階
電話:06-6858-2187
ファクス:06-4865-2058

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ