このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

旧川崎東照宮本地堂

ページ番号:391857547

更新日:2021年7月12日

写真

市指定文化財
旧川崎東照宮本地堂
(きゅうかわさきとうしょうぐうほんちどう) 
所在地:豊中市南桜塚1-12-7
指定年月日:平成8年(1996年)4月1日

 大阪天満川崎東照宮本地堂は、寛文5年(1665年)に徳川秀忠の命をうけて川崎東照宮[元和3年(1617年)建立]の本地堂として建立され、明治初期に廃社となった遺構の一部が大正2年(1913年)に東光院萩の寺に移築されました。偉容を誇った川崎東照宮を今に伝える唯一の建造物として貴重な資料です。

お問合せ

教育委員会事務局 社会教育課 文化財保護係
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎6階
電話:06-6858-2581
ファクス:06-6846-9649

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで