このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

豊中市外で予防接種を受ける場合

更新日:2018年9月19日

  • 予防接種は住民票のある市町村で接種することが原則ですが、里帰り出産等で他市区町村に長期滞在する場合や、かかりつけ医が他市区町村になる等の理由で、豊中市外(※)で予防接種を希望される場合は、豊中市が発行する「市外予防接種実施依頼書」が必要となります。
  • ただし、(※)吹田市(阪大病院を除く)、箕面市、池田市、摂津市、茨木市、豊能町、能勢町、島本町は依頼書は不要です。(池田市、箕面市、摂津市のBCGは集団接種のみ)

市外予防接種実施依頼書申込方法

事前の確認事項

事前に接種を希望する医療機関のある市区町村の予防接種担当に、以下の内容をご確認のうえ、下記問合せ先にご連絡いただくか、申込書に記入のうえご郵送ください。

(1)接種費用は、全額自己負担(有料)か無料か
(2)依頼書のあて名は、市区町村長あてか、医療機関長あてか
※また、申込みの際には接種予定の医療機関名が必要ですので、どこで接種するか、接種希望の予防接種を取り扱っているかを合わせてご確認ください。

問合せ連絡先・郵送先

豊中市保健所 保健予防課 事業推進係
〒561-0881 豊中市中桜塚4-11-1  Tel:06-6152-7329
電話の場合の受付時間:平日9:00~17:15

ご連絡、ご郵送いただいてから依頼書がお手元に届くまでに、1週間程度かかりますので、お急ぎの方は直接窓口までお越しください。その場での発行ができます。
※必ず接種前に依頼書発行の申し込みをしてください。

接種費用の助成

豊中市外で定期予防接種を受ける場合、事前に「市外予防接種実施依頼書」の発行を受けている場合、接種費用の助成(一旦全額自己負担後、還付)を受けることができます。
※ただし、予防接種ごとに助成の上限額が決められています。

助成対象者

豊中市外での医療機関で接種される方で、接種前に「市外予防接種実施依頼書」の発行を受けた方
※ただし、接種日に豊中市に住民票があることが必要です。

対象となる予防接種名(ワクチン名)

<子どもの定期接種として規定されている予防接種(任意接種は該当しません)>
B型肝炎、ヒブ、小児用肺炎球菌、四種混合、三種混合、BCG、水痘、麻しん風しんMR混合、麻しん単独、風しん単独、日本脳炎、二種混合(ジフテリア・破傷風2期)、単独不活化ポリオ、子宮頸がん予防

申込方法

  1. 市外予防接種実施依頼書発行時に、「市外予防接種費用補助金申込書」とそのご案内を一緒に送付させていただきます。
  2. 接種時に医療機関に依頼書を提出し、申込書に医療機関の接種証明をもらってください。(接種証明がない場合、接種したワクチンの内容が分かる領収書の原本の添付でも可)
  3. 接種医療機関より予診票の1枚目をもらい(写しでも可)、必要事項を記載した申込書と一緒に担当までご郵送ください。

<注意事項>

  • 接種記録の把握のため、接種後1か月以内に提出をお願いします。
  • 窓口に申込書を持参される場合、訂正がある際に訂正印が必要ですので、印鑑をお持ちください。
  • 依頼書の有効期間は発行後6か月間です。6か月以内に接種してください。

※詳しくは送付文書に記載させていただいておりますので、そちらをご確認ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

豊中市保健所 保健予防課 事業推進係
〒561-0881
豊中市中桜塚4丁目11番1号
豊中市保健所
電話:06-6152-7329
ファクス:06-6152-7328

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ