このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

保護者支援オンライン講座「非認知能力(ひにんちのうりょく)を育む」

ページ番号:207458901

更新日:2021年3月12日

トリプルPに学ぶ前向き子育て ~コロナ禍をトリプルPで乗り切る!~

子どもの育ちに大切なことや、自分らしく前向きに子育てするためのヒントを学びます

内容

子どもの生きる力を育む、前向きな子育てに、なにが重要で効果的な方法か、また、このコロナ禍を子どもとともにどうのりきっていくかを、オーストラリアで開発されたプログラム、トリプルP(Positive ParentingProgram、前向き子育てプログラムトリプルP)の一部からご紹介いたします。
子育ち・子育てにとって、とても大切なことのお話しを、オンライン(動画)でお伝えします。

対象

子育て中の保護者、子どもに関わる方

講師

白山真知子先生 (臨床心理士、認定NPO法人児童虐待防止協会理事、NPO法人トリプルPジャパン理事)

講座を視聴する

注意事項:本動画の複製・無断転載は禁止します。

視聴はこちらから ↓↓↓

第1章 非認知能力を育む(約17分)

第2章 前向き子育てとは(約30分)

第3章 コロナ禍での子育てトップヒント集(約21分)

非認知能力(ひにんちのうりょく)とは

「非認知能力」とは、「未来に向かう力」であり、自分やまわりの人たちと、折り合いをつける力のことです。例えば、目標に向かってがんばる力、気持ちをコントロールする力、他の人とかかわる力(コミュニケーション能力)などがあげられます。詳しくは下記リンクの大阪府のホームページ「乳幼児期に育みたい!未来に向かう力」リーフレットをご覧ください。

アンケートにご協力ください

お問合せ

こども未来部 こども相談課 こども家庭相談係
豊中市岡上の町2丁目1番15号
電話:06-6852-5172
ファクス:06-6852-5422

本文ここまで