このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 人権・文化・スポーツ
  • まちづくり・環境
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで

本文ここから

大阪国際空港の沿革

更新日:2015年4月1日

昭和11年(1936年) 大阪第二飛行場起工式
昭和15年 伊丹飛行場拡張開始
昭和34年 第一種空港に指定・大阪国際空港と改称
昭和42年 航空機騒音防止法による特定飛行場に指定
昭和44年 川西市住民大阪地裁へ空港公害訴訟を提起
昭和49年 大阪国際空港周辺整備機構設立
昭和50年 国内線21時以降運航停止
昭和59年 空港公害訴訟和解成立
平成2年(1990年) 大阪国際空港存続が決定
平成6年 国際線廃止・関西国際空港開港
平成24年 関西国際空港と経営統合

Q1:大阪国際空港はなぜ「伊丹」空港というの?
A1:大阪国際空港は、 「大阪第二飛行場」⇒「伊丹飛行場」⇒「大阪空港」⇒「大阪国際空港」と名前を変えてきました。
 現在の大阪国際空港が、伊丹市・池田市・豊中市と3市にまたがっていながら「伊丹」空港と呼ばれるのは、「伊丹飛行場」だったころの名残でしょう。
 そして、今でも時刻表や新聞などでは伊丹空港と書かれることがあります。
 これは関西国際空港と区別するためです。

Q2:外国の飛行機がこないのに、なぜ「国際」空港?
A2:大阪国際空港は、もともと(平成6年9月まで)国際便も就航していました。
 また、大阪国際空港は「第一種空港」として位置づけられていましたが、空港整備法が空港法という名称に改正されるとともに、空港の区分が見直され、平成20年6月18日より 「国際航空輸送網又は国内航空輸送網の拠点となる空港」(28空港)として、東京国際、新千歳、福岡、那覇と同様の位置づけとなりました。
 空港の名称につきましても、国において名称変更が検討されていましたが、周辺都市の要望などにより、改正前のままの「大阪国際空港」に据え置かれました。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ ※電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願いします。

都市活力部 空港課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎5階
電話:06-6858-2096
ファクス:06-4865-2058

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊中市役所

 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号 
市へのお問合せは総合コールセンターへ 電話:06-6858-5050
市役所のご案内
Copyright © Toyonaka City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る