このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

高川スポーツルーム

ページ番号:735545712

更新日:2021年9月7日

緊急事態措置に基づく要請期間の延長を受け、利用時間を午後8時までに短縮いたします。
詳しくは 「市立体育施設の利用時間短縮について」 をご確認ください。

*********************************************************************************
新型コロナウイルスの感染拡大予防のため、当分の間、条件つきの利用となります。詳しくは、施設までお問い合わせください。
※新型コロナウイルスの感染状況の変化などで、見直しを行う場合があります。

気温が高い日の体育施設の利用について(環境省熱中症予防情報サイト(外部リンク)はこちら)

豊中市体育施設では、次のいずれかの場合において、施設をご利用の方から、暑さによる利用中止の申し出が事前にあれば、使用料を徴収せずにキャンセルできます。(空調設備のある競技場等を除く)

※屋内体育施設は「体育館」、屋外体育施設は「通常の暑さ指数」を基準とします。

  • 使用日当日の使用前において、施設で計測した暑さ指数が31℃以上の場合。(職員が常駐している施設に限る。)

施設の紹介

トレーニング室を備えたフィットネス空間であるとともに、卓球やエアロビクスなど、簡単なスポーツ・レクリエーションに利用できる多目的室が設置されています。
平成12年(2000年)開設

開館時間

午前9時~午後9時

休館日

毎月末日(末日が日曜または祝日・休日の場合は前日)、12月27日~1月5日

施設概要

トレーニング室(コンビネーションマシン他)、多目的室(卓球5台、その他)、更衣・シャワー室

駐車場

16台(高川図書館と共用)(無料)

利用方法

  • トレーニング室を利用する場合は、事前に豊島・庄内・千里体育館、高川スポーツルームで実施しているトレーニング講習会を受講して、トレーニング使用者カードの発行を受けてください。
  • 講習会は、15歳(中学生を除く)以上の方ならどなたでも受講できます。
  • 利用される場合は、利用券を購入し受付に提出してください。
  • 多目的室の利用を希望される人は、高川スポーツルームで直接申込みを行うか、豊中市スポーツ施設情報システム(オーパス)への登録手続きをしてから、利用の申込みをしてください。

使用料金について

専用使用・使用料金(円)
時間 9時~12時 13時~17時 18時~21時 9時~21時
多目的室 1,800 2,400 1,800 6,000
  • 子ども(15歳未満・中学生以下)の団体が使用する場合の料金は半額になります。
  • 高齢者(65歳以上)の団体が使用する場合の料金は半額になります。
  • 障害者の団体が使用する場合の料金は半額になります。
  • 障害児団体が使用する場合は1/4の料金となります。

上記に加え、日曜・祝日の専用使用は2割増しとなり、市外者団体が専用使用する場合については2倍の額になります。

個人使用・使用料金(円)
  大人 小人(小中学生)
1人1回(3時間以内) 400 200
回数券(11回つづり) 4,000 2,000
  • 市外者が個人使用する場合は、上記料金の2倍の額になります。(令和元年(2019年)10月1日から実施)
  • 市内在住の「高齢者(65歳以上)」が使用する場合の料金は半額になります。(証明できるものを提示)
  • 市内在住の「障害者」が使用する場合の料金は半額になります。(※証明できるものを提示、介助者1人無料。)
※証明できるものとは、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・戦傷病者手帳・被爆者健康手帳
小児慢性特定疾病医療受給者証・特定医療費(指定難病)受給者証です。(障害者手帳アプリ「ミライロID」可)
  • 市の国民健康保険加入者が個人使用をする場合、※「体育施設の利用補助券(はつらつチケット)」の利用により使用料が半額になります。(併用不可)

交通案内と駅の設備

阪急バス「庄内駅前」から江坂駅前行きに乗り、「豊南町西3丁目」で下車、東へ歩いてすぐ。

お問合せ

施設の管理運営・スポーツ教室に関するお問合せ
高川スポーツルーム
住所:〒561-0814 豊中市豊南町東1-1-2
電話:06-6336-7840
屋内体育施設等指定管理者に問い合わせる(外部リンク)

※その他のお問合せ

都市活力部 スポーツ振興課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎5階
電話:06-6858-2751
ファクス:06-6858-3864

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで