このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

民生委員・児童委員

ページ番号:513195092

更新日:2022年5月12日

5月12日は「民生委員・児童委員の日」

全国民生委員児童委員協議会(当時)は昭和57年に5月12日を「民生委員・児童委員の日」とすることを定めています。

「民生委員・児童委員の日」に向けての市長メッセージ

 
 5月12日は「民生委員・児童委員の日」です。民生委員は、厚生労働大臣から委嘱され、それぞれの地区で、常に住民の立場で相談に応じ、必要な援助を行い、社会福祉の増進に努めておられ、「児童委員」も兼ねています。児童委員は、地域の子どもたちが元気に安心して暮らせるように、見守り、子育ての不安や心配ごとなどの相談・支援等を行っておられます。本市におきまして、約550名の民生委員・児童委員の皆様が、地域の方に寄り添いながら献身的にご活動いただいていることに対して、心から感謝申しあげます。
 長期間に渡る新型コロナウイルス感染症の影響により、減収や失業による経済的な困窮、対面や移動を避けることなどで、人と人とのつながりが薄れる中、孤独や孤立、生きづらさを感じる人が増えています。
 本市は、令和2年8月に「豊中市安心つながり宣言」を表明し、コロナ禍においても、人と人のつながりをつくり、必要な人に支援を届け、市民や事業者の皆様との協働でSDGs(持続可能な開発目標)の理念である「誰一人取り残さない社会」、地域共生社会の実現をめざすことを宣言しました。この地域共生社会の実現に向け、関係機関、市民や事業者の皆様と緊密な連携をはかり、取り組んでいるところです。
 このような状況の中、民生委員・児童委員の皆様は、災害時の対応も含め、日ごろから工夫を凝らし、高齢者等の見守り活動や相談対応、福祉サービスや相談窓口の情報提供などきめ細やかな支援を行い、地域共生社会において一層重要な役割を担っておられます。
 今年は3年に1度の委員改選の年ですが、民生委員・児童委員の担い手の確保が本市にとっても重要な課題となっております。多くの方に民生委員・児童委員としてご活躍いただけますよう、社会福祉協議会等と連携し、活動内容を広く発信するとともに、民生委員・児童委員の皆様が活動しやすい環境づくりに取り組んでまいります。 
 市民の皆様におかれましては、「民生委員・児童委員の日」を機に、民生委員・児童委員の活動に対し、一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申しあげます。
                                                            令和4年5月12日
                                                            豊中市長 長内 繁樹

民生委員・児童委員とは

民生委員・児童委員は、厚生労働大臣から委嘱された地域福祉を担うボランティアです。
民生委員・児童委員は、社会奉仕の精神をもって、常に住民の立場に立って相談に応じ、必要な援助を行うことによって、社会福祉の増進に努めています。
また、民生委員・児童委員の中には、子どもや子育てに関する支援を専門に担当する主任児童委員がおり、豊中市では各小学校区に1名います。
任期は3年で、3年おきに一斉改選が行われます。再任される場合もあります。

民生委員・児童委員の活動

住民の相談・支援活動

〇見守り役として

 高齢者の安否確認や見守りのための訪問活動を行います。
 

〇行政などへのつなぎ役として

 地域住民が抱える悩みや心配ごとなどの相談にのり、必要に応じて専門機関へつないだり、
 福祉サービスなどの情報提供を行います。
 

〇災害時の安否確認・避難支援

 要介護状態や障害などの理由で自力避難ができない人のために、
 災害時に安否確認や避難支援を行います。
 
 

関係機関・団体との連携

〇実態調査への協力

 行政などの依頼に基づく担当区域内の高齢者世帯の状況調査や、状況確認書の交付などに協力します。
 
 

地域福祉活動

〇住民の居場所づくりや仲間づくり

 高齢者や子育て家庭を対象にしたサロン活動などに取り組みます。
 

〇地域の行事等への参加

 地域行事や学校行事等へ参加し、住民との交流を深めます。
 
 

情報交換や研修

〇月1回の定例会議への参加

 地域の民生委員・児童委員による月例の会議に参加し、
 委員同士の情報交換や地域の課題などについて話し合いを行います。
 

〇研修会への参加

 必要な知識やスキルを得るための研修に参加します。
 
 

相談があるときは・・・

 民生委員・児童委員には守秘義務があり、相談内容が他人に漏れることはありません。
 日常生活に関することなどでご相談がありましたら、お気軽に近くの民生委員・児童委員にお尋ねください。
 担当の民生委員・児童委員が分からない場合は、地区委員長もしくは地域共生課(06-6858-2219)までお問合せください。

参考リンク

 大阪府社会福祉協議会・大阪府民生委員児童委員協議会連合会HP「大阪府内の民生委員・児童委員の魅力発信ページ」
 https://www.osakafusyakyo.or.jp/minsei/

厚生労働省HP 「民生委員・児童委員について」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/minseiiin/index.html

政府広報オンラインHP 「ご存じですか?地域の身近な相談相手『民生委員・児童委員』」
https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201305/1.html

全国民生委員児童委員連合会HP
https://www2.shakyo.or.jp/zenminjiren/

豊中市民生・児童委員協議会連合会HP(社会福祉法人 豊中市社会福祉協議会HP内)
https://www.toyonaka-shakyo.or.jp/nav/nav_dantai/minsei

お問合せ

福祉部 地域共生課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第二庁舎3階
電話:06-6858-2219
ファクス:06-6854-4344

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで