このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

夏休み自由研究「食品のふしぎを調べてみよう!」

更新日:2019年8月20日

食の安全安心こどもセミナーを開催しました

夏休み自由研究 「食品のふしぎを調べてみよう!」 

令和元年(2019年)8月1日(木曜)、2日(金曜)にセミナーを開催しました。
参加者は、食品添加物の役割について、講義と実験・体験を交えて学びました。
・セミナー対象者 小学5年生および6年生
・参加した児童数 8月1日 24人、8月2日 24人
・協力及び講師 一般社団法人日本食品添加物協会
        三栄源エフ・エフ・アイ株式会社(豊中市三和町)

セミナーの内容

1.食品添加物とは、食品添加物を使用する目的と使用例(講義)
2.実験「香料」-香料をかいでみよう
  おなじ「いちご」の香りでも、果物やジャム等、食品によって香りが違うことを体験しました。
  また、複数の香りを組み合わせて香りが作られていることを学びました。
3.実験「着色料」-清涼飲料水を飲んで、味を当てよう
  着色した清涼飲料水を試飲することで、味覚が色の影響を大きく受けていることを学びました。
  また、同じ色素でもpH(酸性、中性、アルカリ性)の違いで色が変わることを学びました。
4.実験「多糖類」-酸乳飲料・つぶつぶゼリーを作ってみよう、食感の違うゼリーをさわってみよう、とろみ剤を使ってみよう
  酸乳飲料などが分離しないために使用されている安定剤について学びました。
  また、ゲル化剤で食品にとろみをつけることで、嚥下障害(病気の症状のひとつとして飲み込むことが難しくなること)の方に
  楽に食べてもらえるよう工夫していることを学びました。
5.食品添加物の表示、安全性について(講義)

セミナーの感想

・食品添加物についてあまり知らなかったけど、暮らしに欠かせない、大切なものだと思った。
・しっかりルールを守れば安全だと分かった。
・とてもたくさんの実験があって面白かった。      などの意見がありました。

来年度も同時期にセミナーの開催を予定しております。

詳細が決まりましたら、広報とよなかやホームページ等でお知らせします。

過去の開催結果(日程及び参加者数)

平成27年度 8月5日 19人、8月6日 18人
平成28年度 8月3日 16人、8月4日 18人
平成29年度 8月2日 18人、8月3日 23人
平成30年度 8月2日 21人、8月3日 17人

お問合せ

健康医療部 衛生管理課
〒561-0881 豊中市中桜塚4丁目11番1号 豊中市保健所
電話:06-6152-7320
ファクス:06-6152-7328

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ