このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

豊中市南部地域活性化構想・基本計画、南部地域の学校跡地に関する個別活用計画

ページ番号:995500492

更新日:2022年6月1日

南部地域活性化構想

 本構想は、これまでの南部地域の取組みをふまえるとともに、地域特性や社会環境の変化に伴う課題を整理し、市民・事業者と行政が共有できる中長期のまちづくりの方向性を示し、さまざまな施策を一体的に推し進めることを目的に策定しました。
 本構想では、市民の皆さまからいただいたキーワードをもとに「わたしたちが思い描くまち」をまとめ、実現するために「子どもたちの元気あふれるまちづくり」「誰もが安全に安心してくらせるまちづくり」「にぎわいとゆとりのあるまちづくり」の3つの柱にまとめ、柱ごとに目標と推進項目を掲げています。

南部地域活性化基本計画 

 豊中市では、平成29年度に豊中市南部地域活性化構想を策定し、これまでの本市の取組みをふまえるとともに、地域特性や社会環境の変化に伴う課題を整理し、市民・事業者と行政が共有できる中長期的なまちづくりの方向性を示すことで、さまざまな施策を一体的に推し進めています。
 本計画は、現状分析結果をもとに、これからの社会の動向や潮流をふまえた上で、学校や学校跡地を中心とした地域の魅力を分かりやすくPRし、未来に向けた南部地域の新たな魅力や価値を打ち出し、構想を推進することを目的とするものです。

南部地域の学校跡地に関する個別活用計画

 本計画は、南部地域活性化構想・基本計画を踏まえ、南部地域の産業や地域の魅力などから生まれる、この地域ならではの資源を活かした魅力的なまちの要素を育むために、まちの要素である“音楽”“ものづくり”“スポーツ”“食”を学校跡地に取り込むことで新たなまちの魅力をつくり、さらに学校跡地活用だけではなく、住む人も、訪れる人も、ふらっと立ち寄った人も、多様な人が、エリア全体を通して要素を体感したり、参加することが出来るという魅力をつくることを定めました。
 また、第十中学校、野田小学校、島田小学校の跡地活用に関する前提条件を示しました。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

都市経営部 創造改革課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎3階
電話:06-6858-2745
ファクス:06-6858-4111

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで