このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

フードドライブを実施しています

ページ番号:606382877

更新日:2023年11月25日

「もったいない」を「ありがとう」に変えるチャンス

フードドライブとは、ご家庭で余っている食品(消費・賞味期限内)を持ち寄り、フードバンク(外部リンク)等を通じて、それを必要としている福祉団体、施設に寄付する活動のこと。
豊中市では社会福祉協議会(外部リンク)等を通じ、校区で行っている「子ども食堂」や「生活困窮者支援」などで活用しています。

フードドライブ実施店舗

(株)ダイエー 
 ダイエー グルメシティ庄内店、曽根店、豊中駅前店、イオンフードスタイル豊中庄内店 ⇒ 営業時間内は常時受付をしています

生活協同組合コープこうべ
 コープ桜塚、コープ東豊中、コープ蛍池 ⇒ 営業時間内は常時受付をしています 

(株)光洋
 KOHYO 阪急曽根店、SENRITO店、豊中緑丘店、MaxValu 千里南町プラザ店
 ⇒ 下記時間帯において常時受付をしています 
    時間:9時から18時(KOHYO SENRITO店は、10時から19時)

 *MaxValu豊中緑丘店は、令和5年(2023年)3月25日からKOHYO豊中緑丘店となっています。 
 *PEACOCK STORE千里中央店は、令和5年(2023年)4月30日をもって閉店されました。

ご提供いただきたい食品

  • お米(白米、玄米、アルファ米)
  • パスタ、素麺などの乾麺
  • 缶詰、レトルト食品、インスタント食品
  • のり、お茶漬け、ふりかけ
  • 粉ミルク、離乳食、お菓子
  • 調味料(醤油、食用油、味噌など)
  • 飲料水

以下の食品はお引き取りできませんのでご注意ください

  • 消費期限、賞味期限が実施日から1か月未満の食品
  • 消費期限、賞味期限が明記されていない食品
  • 開封されている食品
  • 生鮮食品(生肉、魚介類、生野菜など)
  • 酒類(ノンアルコール飲料を含む。みりん、料理酒は除く)

これまでの実績

新田小学校でフードドライブを実施

新田小学校3年生が、SDGs学習の一環として学校内でフードドライブを実施しました。朝の登校時などに回収を行い、集められた食品について、児童が一つひとつ賞味期限や食品の状態などを検品し、計量を行いました。集められた食品は、すべて豊中市社会福祉協議会に寄付されました。

【令和4年度実施分】
・実施期間:令和5年(2023年)2月13日から17日
・重量:99.2kg

【令和3年度実施分】
・実施期間:令和4年(2022年)2月14日から18日
・重量:123.7kg

フードドライブを通じた食品ロス削減について(3切り運動の推進)

フードドライブは、発生してしまった手つかず食品を食品ロスにしない取組みです。
食品ロス削減に向けて、買った食品を使い切る「使い切り」、食べ残しをしない「食べ切り」を心がけましょう。
また、生ごみに多く含まれる水分を切る「水切り」をするだけで、ごみを減量することができます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

環境部 減量計画課
〒561-0891 豊中市走井2丁目5番5号
電話:06-6858-2279
ファクス:06-6843-3501

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで