このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

条例等の改正によるふぐの規制の変更

ページ番号:897948414

更新日:2020年6月25日

「大阪府ふぐ処理業等の規制に関する条例(旧大阪府ふぐ販売営業等の規制に関する条例)」及び「同条例施行規則」が改正され、条例等に基づくふぐの規制が平成30年4月1日から大きく変わりました。

改正のポイント

(1) 飲食店や魚介類販売店などで、有毒部位(肝臓、卵巣、眼球、脳など)が除去されたふぐを仕入れて提供する場合は、
 許可が不要となりました。
(2) 改正前の条例による「ふぐ販売営業許可証(処理する営業を含む)」をお持ちの場合、そのまま「ふぐ処理業許可証」とみなします。
 (手続き不要)
(3) ふぐ処理専用の作業台等を備える必要がなくなりました。除去した有毒部位を保管するための「専用の鍵付き保管庫」は引き続き必要です。
(4) 施設でふぐ処理に従事するふぐ処理登録者は、専任である必要がなくなりましたが、施設でふぐ処理に従事する登録者全員の氏名等を
 届け出ることとなりました。

変更の概要は、次の資料をご覧ください

平成30年4月1日からの大阪におけるふぐの規制のあらましを説明する小冊子

現在、ふぐ販売営業の許可を受けている営業者の方、ふぐ取扱登録者の方向けに変更の概要を説明するリーフレット

ふぐ処理業許可に関する各種申込書

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

健康医療部 衛生管理課
〒561-0881 豊中市中桜塚4丁目11番1号 豊中市保健所
電話:06-6152-7320
ファクス:06-6152-7328

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで