このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

空き缶・危険ごみ(スプレー缶類)の分け方・出し方

更新日:2017年4月3日

缶題

収集回収

2週間に1回 市指定ごみ袋収集

対象となるものの一例

スチール缶、アルミ缶、お菓子の缶、缶づめなど(飲料用、食料用、調味料用)

スプレー缶(殺虫剤や整髪料など)、カセット式ガスボンベ、シングルバーナー用のガスカートリッジ(キャンプで使用するものなど)

分け方・出し方のルール

ルール

  • スプレー缶類は「穴を開けず」に「完全に使い切って」排出するようにお願いします。

※ 中身が残った状態でやむなく廃棄せざるを得ない場合は、自分で穴開けせずに、下部に記載している担当課までお問合せください。

  • 詰め替え用のプロパンガスのボンベは収集できませんので、販売店などに引き取ってもらってください。
  • 空き缶と危険ごみ(スプレー缶類)は、同じ市指定ごみ袋に入れて出すことができます。
  • 空き缶についている金属のふたやキャップも一緒に出してください。
  • 大きさが25cm×25cm×15cm以上の缶は、4週間に1回の不燃ごみの日に出してください。
  • 飲料用や缶づめの空き缶は、水で軽くすすいでから出してください。
  • 空き缶以外の鉄・アルミ製品は、4週間に1回の不燃ごみの日に出してください。

<お願い>スプレー缶・ガスボンベは空き缶・危険ごみの日に

お願い

中間処理施設である豊中伊丹スリーR・センター(原田西町2-1)では、中身が残った状態のスプレー缶類が「不燃ごみに混入」されたことが原因とみられる火災事故が多発し、爆発等により設備が変形するなどの被害が出ています。
また、スプレー缶が収集車両で爆発し、収集車が炎上する事故も発生しています。
安心・安全・安定的に適正処理を行うためにも、スプレー缶類は、完全に中身を使い切ってから、2週間に1回の空き缶・危険ごみの日に出してください。

中身の残ったスプレー缶が原因の火災事故が発生しています。

収集した空き缶・危険ごみのゆくえ(リサイクルの仕組み)

 収集した空き缶等は、処理施設において「磁選機」と呼ばれる「大きな磁石」の力でスチール(磁石につく)とアルミ(磁石につかない)に選別されます。
 選別後、アルミは新しいアルミ缶等に、スチールは鉄筋・鉄骨などの建材等にうまれかわります。

関連サイト(外部サイト)

不燃ごみについては、下のリンク先をご覧ください

ごみと再生資源の分け方・出し方ガイドブックのPDFはこちら

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

環境部_家庭ごみ事業課
豊中市走井2丁目5番5号
電話:06-6843-3512
ファクス:06-6857-2767

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ