このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 人権・文化・スポーツ
  • まちづくり・環境
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで

本文ここから

市外から市内に引越ししてきたとき(転入届)

更新日:2017年5月16日

豊中市以外の市区町村から豊中市へ引越ししたときは住所変更の届出が必要です。
豊中市に住み始めてから14日以内に届出してください。

届出時に必要なもの

 1.転出証明書(前住所地の市町村で交付)
   特例転出をされた場合は住民基本台帳カードまたはマイナンバーカード(個人番号カード)
   (特例での転入届については「転入・転出の特例」のページへ)
 2.届出書(窓口にあります)
 3.本人確認書類(注1)
 4.在学証明書(小・中学生のみ)
 5.年金手帳(国民年金第1号被保険者のみお届け出が必要です。)
   国民年金の被保険者については「国民年金の資格」のページへ
 6.マイナンバーの通知カード(お持ちの人のみ)
 7.住民基本台帳カードまたはマイナンバーカード
   (お持ちの人のみ。持っている人が世帯に複数人いる場合は全員分が必要。)

 外国籍の人は上記に加えて、
 8.在留カード、特別永住者証明書または外国人登録証明書(以下、在留カード等)(注2)
   (住所変更した外国籍の人全員分が必要。)
 9.世帯主との続柄を証する文書
   翻訳者名が明記された日本語訳を添付。
   ただし日本人を含む世帯で、続柄を日本の戸籍で確認できる人は不要。
   転出証明書に記載している続柄に変更がない場合も不要。

   なお、代理人による届出の場合は、委任状および代理人自身の本人確認書類が必要です。
   委任状については「委任状」のページへ

注1
 例;運転免許証、健康保険証、パスポート、住民基本台帳カード(顔写真あり)、マイナンバーカード、
   その他官公署が発行した免許証・許可証等
 なお、届出の際に本人確認書類をお持ちでないときや、窓口に来られた人が本人または
 本人と同一の世帯でない場合は、異動者本人に届出があったことを通知します。

注2
 中長期在留者または特別永住者の人については、在留カード等を提示していただき入管法または
 入管特例法上の届出(以下、住居地の届出)も必要です。
 お忘れになった場合は、住居地の届出をするために再度窓口にお越しいただきます。

受付窓口

市民課……………中桜塚3丁目1番1号  (06)6858-2201
庄内出張所………庄内幸町5丁目8番1号  (06)6334-3531
新千里出張所……新千里東町1丁目2番2号  (06)6872-0573
●平日:午前9時から午後5時15分 ●毎月第2土曜日:午前9時から午後1時(市民課のみ)

※児童手当や児童扶養手当、校区外通学など出張所では受付出来ない手続きがございます。
 住所変更に伴い必要な手続きを、トップページ「よくあるくらしの場面」などでご確認の上、
 お越しくださいますようお願いいたします。

お問合せ ※電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願いします。

市民協働部 市民課 市民窓口係
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎1階
電話:06-6858-2201
ファクス:06-6849-0057

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊中市役所

 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号 
市へのお問合せは総合コールセンターへ 電話:06-6858-5050
市役所のご案内
Copyright © Toyonaka City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る